平成27年度熊本県登録販売者試験過去問題(午前)

熊本県登録販売者試験過去問
この記事は約4分で読めます。

引用元:熊本県登録販売者試験の試験問題等の公表

【医薬品に共通する特性と基本的な知識】

※以下の設問中、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(旧称:薬事法)を「医薬品医療機器等法」と表記する。

問1
医薬品の本質に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号
を解答欄に記入しなさい。

ア 医薬品は、多くの場合、人体に取り込まれることなく作用し、効果を発現させる。

イ 人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。

ウ 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に
影響を及ぼすことを目的とする。

エ 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入
者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮する。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正

【医薬品に共通する特性と基本的な知識】

問2
一般用医薬品の役割に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、そ
の番号を解答欄に記入しなさい。

ア 健康状態の自己検査

イ 重度な疾病の症状の改善

ウ 生活の質(QOL)の改善・向上

エ 健康の維持・増進

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 誤 誤

医薬品に共通する特性と基本的な知識】

問3
アレルギー及びアレルギー症状に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一
つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 普段は医薬品によるアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下して
いる場合には、思わぬアレルギーを起こすことがある。

イ アレルギーは、一般的にあらゆる物質によって起こり得るものである。

ウ アレルギーは、内服薬によって引き起こされるものであり、外用薬によって引き起こされること
はない。

エ アレルギー症状とは、免疫機構が過敏に反応して体の各部位に生じる炎症をいう。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

【医薬品に共通する特性と基本的な知識】

問4
健康補助食品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を
解答欄に記入しなさい。

ア 健康補助食品は、健康増進や維持に有用な食品であると医薬品医療機器等法で定義されている。

イ 栄養機能食品は、各種乳酸菌に対して「栄養機能の表示」ができる。

ウ 特定保健用食品は、「特定の保健機能の表示」、例えばキシリトールを含む食品に対して「虫歯の
原因になりにくい食品です」などの表示が許可されている。

エ 健康補助食品の誤った摂取法により健康被害を生じた例も報告されている。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

【医薬品に共通する特性と基本的な知識】

問5
セルフメディケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、
その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 乳幼児や妊婦では、通常の成人に比べ、一般用医薬品で対処可能な範囲は限られる。

イ 世界保健機関(WHO)によれば、セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」こととされている。

ウ 一般用医薬品の販売に従事する専門家は、購入者に対して常に科学的な根拠に基づいた正確な情
報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待される。

セエ セルフメディケーションの主役は、一般用医薬品の販売に従事する薬剤師や登録販売者である。
 

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

タイトルとURLをコピーしました