登録販売者の資格と将来性

登録販売者とは
この記事は約5分で読めます。

登録販売者とは・・・

登録販売者という名前は、近頃よく聞いたり目にしたりしませんか?

近所のドラッグストアに買いもに行ったら、登録販売者募集の広告があったり、子供が軽い腹痛を訴えるのでお薬を買いにきたけど、どんなお薬がいいですかと尋ねると、名札に登録販売者、○○〇と名前が表示してあったりしますね。

登録販売者とはどんな人でしょうか?

登録販売者は医薬品販売の専門家

登録販売者と改正薬事法

改正薬事法が2009年6月1日に施行されました。この薬事法改正のポイントは、店舗(ドラッグストアや薬店など)で医薬品を販売する許可を得るには、薬剤師か都道府県知事が行う試験に合格し、登録を受けた「登録販売者」を置かなければ販売許可が与えられなくなりました。
 
改正薬事法で、新たに「登録販売者」という公的資格が位置づけられたことになります。

薬事法の一部を改正する法律について (平成18年6月14日、薬食発第0614006号)(通知抜粋)

3 店舗販売業に関する事項

(1) 店舗販売業の許可は、都道府県知事(その店舗が保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)が与えることとし、①その店舗の構造設備が厚生労働省令で定める基準に適合しないとき、②薬剤師又は都道府県知事が行う試験に合格し、登録を受けた者(以下「登録販売者」という。)を置くことその他一般用医薬品の販売又は授与の体制が厚生労働省令で定める基準に適合しないとき等には、その許可を与えないことができることとしたこと。

また、一般用医薬品を、その副作用等による健康被害が生じるおそれの程度(リスク区分)に応じて、第一類医薬品、第二類医薬品又は第三医薬品に区分されました。

※一般用医薬品のリスク区分「厚生労働省資料より」
分  類第1類医薬品第2類医薬品第3類医薬品
薬事法上の規定

・その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずる恐れがある医薬品であって、その使用に関し特に注意が必要なものと

・新一般用医薬品として承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの(一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの)

 

 

 

 

・その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずる恐れがある医薬品であって厚生労働大臣が指定するもの

※第一類医薬品を除く(まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの)

【指定第二類医薬品】

・第二類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの

(情報を提供するための設備から7m以内の範囲に陳列するなどの措置をとる)

・第一類及び第二類以外の一般用医薬品

(日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがあるもの)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※リスク分類別に対応する専門家「厚生労働省資料より」
医薬品のリスク分類質問がなくても行う情報提供相談があった場合の応答対応する専門家通信販売の可否
第一類医薬品義 務義 務薬剤師×
第二類医薬品努力義務薬剤師又は登録販売者経過措置
第三類医薬品不 要薬剤師又は登録販売者

併せて、薬剤師と登録販売者が販売できる医薬品が区分されました。対応する専門家欄により薬剤師は一般用医薬品(動物用医薬品を除く)を全て販売できますが、登録販売者は第二類医薬品、第三類医薬品を販売することができます。また、情報提供や相談があった場合の応答等細かく定められています。

一般用医薬品のうち第二類、第三類医薬品の占める割合は全体の90%以上です。登録販売者は薬剤師に次ぐ医薬品販売の専門家ということになります。

薬事法の一部を改正する法律について (平成18年6月14日、薬食発第0614006号)(通知抜粋)

6 一般用医薬品の区分に関する事項

厚生労働大臣は、一般用医薬品(動物用医薬品を除く。)を、その副作用等による健康被害が生ずるおそれの程度等に応じて、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定等することとし、第一類医薬品、第二類医薬品又は第三類医薬品に区分することとしたこと。

7 一般用医薬品の販売等に必要な資質を有することについて確認するための試験に関する事項

都道府県知事は、一般用医薬品の販売等に従事しようとする者がそれに必要な資質を有することを確認するために試験を行うこととしたこと。また、その試験に合格した者が医薬品の販売等に従事しようとするときは、都道府県知事の登録を受けなければならないこととしたこと。

8 一般用医薬品の販売等に従事する者に関する事項

薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者(以下「薬局開設者等」という。)は、第一類医薬品は薬剤師により、第二類医薬品及び第三類医薬品は薬剤師又は登録販売者により、それぞれ販売又は授与させなければならないこととしたこと。

改正薬事法の背景「登録販売者の新設」とまとめ

この改正薬事法により新たに登録販売者という公的資格が新設されました。背景には、薬剤師不足があります。薬剤師の総数は年々増加しているものの、一般用医薬品のみを取扱うドラッグストアや薬店等では、薬剤師の人数が不足しているのが現状です。

そのためお客様への十分な情報提供ができないといったことが問題になっていました。こうした薬剤師不足を補う人材として「登録販売者」が新設されたことになります。

登録販売者は、今後様々な一般用医薬品販売施設や薬店において必要とされ、薬剤師不足を補う公的資格として有望視されることは間違いありません。

登録販売者試験短期合格勉強方法で一発合格を目指して!では、登録販売者試験合格に向けた勉強法を紹介しています。最後までご覧いただき合格に向けて邁進してください。

地域別登録販売者試験情報

【北海道エリア】 北海道
【東北エリア】 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
【関東エリア】 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
【中部エリア】 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
【関西広域連合エリア】 和歌山県 兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 徳島県
【近畿エリア】 三重県 奈良県
【中国エリア】 山口県 広島県 岡山県 島根県 鳥取県
【四国エリア】 高知県 愛媛県 香川県
【九州・沖縄エリア】 佐賀県 長崎県 大分県 福岡県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
タイトルとURLをコピーしました