スポンサーリンク

登録販売者と薬剤師の違い

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

登録販売者と薬剤師はどう違う!

登録販売者と薬剤師という医薬品販売の専門資格がありますが、この二つの資格の違いについて紹介します。

受験資格と試験に合格後の手続きの違い

区分根拠法令受験資格試験合格後の手続きなど
薬剤師薬剤師法6年間、薬学系の学部学科を設置している大学で課程を修了していること。厚生労働省の薬剤師名簿に登録申請を行い、厚生労働大臣から薬剤師免許の付与がある。
登録販売者薬事法無し勤務予定地を管轄する都道府県保健所などに、販売従事登録申請を行い販売従事登録証の交付を受ける。

薬剤師は、薬学系の学部学科を設置している大学で、6年間専門知識を学び、課程を修了後、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

2011年以前は4年制でしたが、2012以降は6年制となりました。これは、医療の高度化や医薬分業の進展に伴って、薬剤師には、従来の基礎薬学に加え医療薬学の知識と技術が必須となったためです。6年制の教育はこのような社会的な要請に応えたものです。

また、長期の実務実習など実臨床に即した内容がカリキュラムに組み込まれています。

薬剤師の国家試験に合格し、厚生労働省の薬剤師名簿に登録を申請すると、厚生労働大臣から薬剤師の免許が与えられます。

一方、登録販売者は受験資格はなく、誰でも受験できます。登録販売者試験に合格して、勤務先を管轄する都道府県の保健所などに販売従事登録申請を行い販売従事登録証が交付された後、登録販売者として業務に従事することができます。

登録販売者と薬剤師で大きく違う一つには、試験を受けるための受験資格に大きな違いがあります。薬剤師の場合薬の調剤ができたり、一般医薬品第一類から第三類まですべて販売できたりと薬に関して最も専門的な知識を有する資格です。このため、受験資格も6年間大学で専修課程を修了する必要があるのです。

取扱うことのできる医薬品の違い

薬剤師と登録販売者では、取扱できる医薬品の区分が違います。

医療用医薬品と一般医薬品

医薬品には、医療用医薬品と一般用医薬品があります。

【医療用医薬品】

医療用医薬品は、病院や歯科医院などで医師や歯科医師が処方する薬のことで処方薬とも呼ばれます。医療用医薬品は、医師が発行した処方箋を基に調剤薬局で薬剤師が調剤し患者に提供される医薬品です。

【一般用医薬品とその区分】

区   分内   容主な医薬品例
第一類医薬品自由に手に取ることができない場所においてあり、薬剤師からの指導・文書での情報提供を受けたうえで購入できます。胃腸剤、ニコチン貼付剤、一部の育毛剤など
第二類医薬品薬剤師又は登録販売者は、情報提供に努めなければなりません。特に依存性のあるものなどは「指定第二類医薬品」として区別されます。主な風邪薬、解熱鎮痛剤など
第三類医薬品薬剤師又は登録販売者による情報提供についての義務はありませんが、疑問点などがあれば積極的に説明を受けられる。主な整腸剤、ビタミン剤など

薬剤師と登録販売者が取り扱う医薬品の区分

薬剤師は処方箋に基づいて医療用医薬品の調剤と販売ができます。また、一般医療用医薬品の第一類から第三類まですべての医薬品の販売もできます。

登録販売者は一般医療用医薬品の第二類医薬品及び第三類医薬品の販売ができます。

一般医療用医薬品は、調剤薬局や薬店・ドラッグストアなどで、処方箋なしで買うことができる薬になります。利用者が自分の健康状態に基づいて、調剤薬局などで薬剤師や登録販売者からの適切な情報提供を受け、利用者が自己責任・自己判断において購入する薬になります。

タイトルとURLをコピーしました